Menu
◆トップページ

◆学院紹介

◆学院ミッション

◆受験要綱
 
・受験資格
 ・選考内容
 ・受験料
 ・学費
 ・学生の種類
 (正科生・特修生)
 ・聴講生について
 ・所在地と連絡先


◆講師リスト

◆スケジュール

◆授業の一例


◆お問い合わせ

受験要綱
(福)日本聴導犬協会が、「日本聴導犬・介助犬訓練士学院」(学校法人ではありません) が、入学試験は随時行っております。(合格者の受講開始は随時可能です)

学院生 募集人員
実践と理論を学ぶ
聴導犬・介助犬訓練士コース  若干名

受験資格
1)  身体的、気力的にタフな方
2)  心身ともに健康な方
3)  年齢:18歳以上で上限は問わず
4)  経験:犬の訓練について、初心者も可
5)  学歴:高等学校卒業以上の学力を有する方
6)  障害の有無は問わず
※ 受験時、受講時の障がいサポートのご手配はご自身で行なっていただくこ  とになります
※ ご定年後の第2の人生プランとしても歓迎です。

選考内容
1次選考(書類選考
@   履歴書(クラブ活動やボランティア活動も明記してください)
A   作文(補助犬育成者になりたい理由)
B   健康診断書(一般的な入社試験用と同様の内容)
C   最終学歴の成績証明書
D   返信用封筒(切手も貼ってください)

2次選考
面接と筆記試験(一般教養試験と実技試験)

最終選考
学院長または副学院長による面接

受験料
・5,000円(郵便為替)

学費
・1年間の総授業料 一人70万円(授業料のみ)
・授業用訓練道具代:1万円
(協会オリジナルリード、スポーンフォーティ、特定のウンチ袋)
・食費、犬のご褒美代、施設外授業のための旅費・交通費は自己負担。また、国内外研修(1〜2回)および外国人講師による授業は別料金になります。※頂戴した授業料は、カリキュラムおよびマニュアル作成、講師謝礼および旅費などに遣われます。
聴講生も参加可能 (夏休み限定の特別中期聴講生(1〜4週間)も募集しています)

受験申込み日程
随時受け付けておりますが、協会オープンディ(資料代500円)でのデモンストレーションもご高覧いただきたいので、できるだけオープンディでの受験をお願いいたします。訓練多忙のため、お問い合わせは、メールまたはファックスのみとさせていただきます、あらかじめご了解下さい。

連絡先・書類送付先
厚生労働大臣指定法人 社会福祉法人 
日本聴導犬協会
〒399-4301
 長野県上伊那郡宮田村7030-1
 
www.hearingdog.or.jp E-mail:inf@hearing.or.jp
Tel:(81)0265-85-4615 & 5290 
Fax:(81)0265-85-5088

研修年数
入学および卒業の式典は、2月2日ですが、授業参加(随時)から1年間とする
休日(週2日):火・水・木から選択。夏休み2週間。年末年始の休みあり)

卒業資格と就職
(福)日本聴導犬協会による聴導犬・介助犬 准訓練士資格。優秀者は、(福)日本聴導犬協会 職員に採用予定

入学
随時授業に参加できます

その他
個人でノートパソコンの所持とパソコン(ワード、エクセルなど)の使用できる方。

聴講生について
正規入学生の他、授業の聴講希望者の方は、授業1コマ(1時間半〜2時間)3,000円。聴講のできる授業スケジュールは随時インターネットに掲載しております。その中からお選びいただけます。

・お問い合わせは、電話ではなく、できるだけファックス
Fax:0265-85-5088か メールでのお問い合わせ をお願いいたします。

  
copyright ©2008 Japan Educational Institute for the trainer of Hearing-Dog and Service-Dog. All Rights Reserved.